着物を買取店で売ろうとした話

私は30代の主婦です。
今は結婚して安定した生活を築くことができていますが、独身時代はかなりお金に苦労していました。
手取りが15万円しかなく、そこから家賃や光熱費そして奨学金の返済金額を含むと手元に残るお金はほとんどありませんでした。
到底貯金などできるはずもなく、毎月のやりくりが本当に大変でした。さすがに生活に困って、私は日常あまり使わない物をリサイクルショップに売却するようになりました。
しかしそれも底をついて、手元に残っているのは大事なものばかりになりました。
その時私はおばあちゃんから聞いたことを思い出しました。
生活に困ったらこれを使いなさいと言われて頂いた着物があったんです。
母から聞いたところ、これは代々受け継がれてきたもので、とても高価な着物だそうです。
とても古そうな着物でしたが、ほとんど汚れもなキレイな状態で、痛みもない着物でした。
少し後ろ髪を引かれる思いはしましたが、生活のためやむを得ないと思い着物を買取に出してみました。
すると予想以上の高額の買取価格を提示されかなり驚きました。
これ貴重な着物ですけど本当にいいんですかと店員さんに聞かれ、そこまで言うのならと思い一旦キャンセルして母に相談することにしました。
あの着物が本物だと知った母は、お金は何とかするから着物買取はキャンセルしなさいと言いました。
結局私は着物を売却しなかったですが、本物であってもなくても着物自体は高価でやりとりされる商品なんだなと改めて実感しました。