着物のレンタルのシステム

着物を着る場合に、入学式や結婚式などの様々なイベントに応じて種類の変更を考慮して、専門の業者からレンタルできるシステムがあります。レンタルを行う場合、基本的には着物の本体を始めとして帯や腰に巻く紐などの付随品を借りられます。
最近は大人を対象としてサービスを提供しているばかりではなくて、七五三などのイベントで参加する子供を対象にレンタルを行っている業者も増えています。業者から借りられる着物の種類も増えていて、赤ちゃんが生まれた時の産着や披露宴など出来る留袖などの種類を自由に選べる事が特徴です。
着物を借りる場合に掛かる料金は少なくとも3万円程度で、帯などをオプションを着ける時にはオプションの費用が加算されます。特殊な催し物に参加する目的で価値の高い着物を着る事を考慮する場合、種類などの条件によっては1回のレンタルで10万円以上も掛かる事があります。特別扱いされている物を契約する場合、予算を考えながら業者と相談します。
着物に関するサービスを提供している業者は、着付などのサービスも提供しています。着付を受ける時は、1回で1万円前後の料金が掛かります。着せる時に担当者が直す場合にも料金が掛かる事が多くて、着る際の種類によって着付の時の料金が変化します。